ログイン 会員登録
         
    新着    
         
         
    再入荷    
         
         
    年間購読    
         
         
    GAシリーズ    
         
         
    和書    
         
         
    雑誌    
         
         
    SALE    
         
 
         
    DVD/ポスター    
         
         
    建築家・作家別    
         
         
    ビルディングタイプ別    
         
         
    住宅    
         
         
         
    ランドスケープ/
都市デザイン
   
         
         
    マテリアル/構法    
         
         
         
    色々なデザイン    
         
         
         
    建築学校出版物・
学生作品集
   
         
         
         
    コンペ/
ヴィエンナーレ
   
         
         
    公費・校費での購入に関して    
         
 
最近チェックした商品
 
 
 
 
  メールはこちら
     03-3404-1461
 

2018年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
 
 
GA JAPAN
GAシリーズ > GA JAPAN > GA JAPAN 127 
     
  GA JAPAN 127 
 
 
GA JAPAN 127 

拡大 ( Size : 15 kb )
     
価格 : 2,520円 (税込)
数量 :
 
 
 
 
 
 
 
  ■特集1
[コンペに勝つ]
今年初めに結果が出た3つのプロポーザル勝者にコンペ術を聞く

藤本壮介に「浮気幼稚園」について聞いてみた
CAnの2人にコンペ術について聞いてみた
内藤廣に「新富山県立近代美術館」について聞いてみた

巻頭の特集は、『コンペに勝つ』。取材中に「コンペに勝てない」というボヤキを聞くことも多く、参加条件の厳しさや、求められる提案の幅の窮屈さも増しているのかもしれません。しかし、今だからこそ、何が勝利のポイントになるのか。最新のコンペ/プロポーザルで選ばれた3組に、ぶっちゃけたところを聞いてしまいました。



■特別対談

[隈研吾×妹島和世]
世界を飛び回る二人のジェットセッターが各自の近況を語り合う

2人の違い|サマリテーヌとルイヴィトン|判らない国ドイツ|ローザンヌの悪夢
プライドを持った個人の有無|審査員ギライ|外国人スタッフと案の生産性
適当さと堅さ|緩く繋がれた脳が考える楽しさ|現代建築家の創作対象
エクストリーム主義と緩い批評性

珍しい顔合わせシリーズ(?)の特別対談には、隈研吾さんと妹島和世さんに登場してもらいました。学生時代からの知り合いというお二人も、今では東京大学教授とプリツカー賞受賞者。建築に対する考え方と取り組み方は対照的ですが、時折クロスする部分も見えてきて、大変読み応えのある対談になっています。



■特集2
[建築のディシプリン・プロトコル]
今あらゆる創造行為に内在している「規律」や「規範」
それを様々な視点から語ることで、現代建築の問題点を炙り出す

市川創太 建築家/スプツニ子! アーティスト/小嶋一浩 建築家
猪子寿之 デジタル・クリエイター/三宅一生+Reality Lab. デザイナー
長谷川祐子 キュレーター/石山友美 映画監督/吉村靖孝 建築家
山崎亮 コミュニティデザイナー

2番目の特集は『建築のディシプリン・プロトコル』。建築固有の規律や作法が、現代においてどのような意味を持つのか……。気鋭の建築家は勿論、アーティストのスプツニ子!さん、IT界の暴れん坊(?)猪子寿之さん、コミュニティデザイナーの山崎亮さんなどなど。クリエイター9組へのインタヴューは、さながらバトル・ロワイヤル。「共創」の時代と言われる現代だからこその、建築が依って立つポイントや領域を超えて交流可能なコードを炙り出していきます。



■PLOT   
「日本キリスト教団 生田教会」編
設計:西沢立衛、語り手:西沢立衛   
phase 2
:架構について考える

「桐朋学園大学音楽部門調布キャンパス」編
設計:日建設計語り手:山梨知彦・羽鳥達也・笹山恭代・石原嘉人   
phase 1
:プログラム構成〜空間構成まで

「上州富岡駅」編
設計:TNA語り手:武井誠・鍋島千恵・綾城圭   
phase 2
:鉄骨レンガ造について

「(仮称)飯山ぷらざ」編
設計:隈研吾語り手:隈研吾・川西敦史・寺川奈穂子・田中邦明   
phase 3
:コールテン鋼と木組

PLOTは、個性豊かな4組の建築家が登場します。「新しい局面」を自ら語る西沢立衛さん。長年語ってきたコンピュータをフル活用した設計に踏み込んだ、日建設計の山梨知彦チーム。レンガによる建築イメージが新たな像に結実してきたTNA。そして、表層だけでなくヴォリューム的な空間操作が生まれつつある隈研吾さん。時代の変化に応える建築家の姿をナマに感じられる「設計のプロセス」になっているはず。



時評        
トリビュート 追悼・鈴木博之 石山修武
エッセイ 地球の細道 92 安西水丸



GA SCHOOL   
現代の建築家 18「篠原一男」井上章一

「空間のディテール」4 高橋てい一/第一工房
 - 原広司に訊く 建築家、高橋てい一の現代性

本号の井上さんの連載では「篠原一男」に焦点が当てられます。日本において現代建築がどのように現れたのか。そのルーツのひとつが紐解かれていきます。高橋さんの連載では、「全労済情報センター」を取り上げ、今では「大手の仕事」と思われがちなビルディングタイプに、どのような可能性があったのかを垣間見ていきます。



新連載    
二川幸夫の眼 1 伊東豊雄

新連載は「二川幸夫の眼」。二川幸夫の存在とは何だったのか。第1回は伊東豊雄さんに登場してもらい、クリエイターだからこそ語りうる二川像を語っていただきました。



GA広場    

「五叉路における街区の鬩ぎ合い」
平田晃久
森の屋根ときのこ    

「新たな都市活動を空間として重ねていく」
ノーマン・フォスター
東京大学DFLパヴィリオン2013 
 

「ロボットはコンピュータの夢をかたちにするか?」
竹中司
東熱ビル   





200 total pages, 80 in color

ISBN978-4-87140-925-4 C1352
2014年1月1日発行