Facebookはこちら
Instagram  友だち追加

ログイン 会員登録
         
    新着    
         
         
    再入荷    
         
         
    年間購読    
         
         
    GAシリーズ    
         
         
    和書    
         
         
    雑誌    
         
         
    2018年ベストセラー    
         
 
         
    DVD・ポスター・ポストカード    
         
         
    建築家・作家別    
         
         
    ビルディングタイプ別    
         
         
    住宅    
         
         
         
    ランドスケープ/
都市デザイン
   
         
         
    マテリアル/構法    
         
         
         
    色々なデザイン    
         
         
         
    建築学校出版物・
学生作品集
   
         
         
         
    コンペ/
ヴィエンナーレ
   
         
         
    公費・校費での購入に関して    
         
 
最近チェックした商品
 
 
 
 
  メールはこちら
     03-3404-1461
 

2019年 03月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
 
 
GA JAPAN
GAシリーズ > GA JAPAN > GA JAPAN 155:PLOT 設計のプロセス2018
     
  前の商品 GA JAPAN 155:PLOT 設計のプロセス2018 次の商品
 
 
GA JAPAN 155:PLOT 設計のプロセス2018

拡大 ( Size : 48 kb )
     
価格 : 2,520円 (税込)
数量 :
 
 
 
 
 
GA JAPAN
GA JAPAN 157
GA JAPAN 157
GA JAPAN 156
GA JAPAN 156
GA JAPAN 154
GA JAPAN 154
GA JAPAN 153
GA JAPAN 153
GA JAPAN 152
GA JAPAN 152
GA JAPAN 151
GA JAPAN 151
GA JAPAN 150
GA JAPAN 150
GA JAPAN 149:PLOT 設計のプロセス2017
GA JAPAN 149:PLOT 設計のプロセス2017
GA JAPAN 148
GA JAPAN 148
GA JAPAN    年間購読 
GA JAPAN 年間購読 
(年6回刊行(6冊分)
日本語のみ)
GA JAPAN 147
GA JAPAN 147
GA JAPAN 146
GA JAPAN 146
GA JAPAN 145
GA JAPAN 145
GA JAPAN 143 
GA JAPAN 143 
GA JAPAN 144:PLOT 設計のプロセス2016
GA JAPAN 144:PLOT 設計のプロセス2016
GA JAPAN 142 
GA JAPAN 142 
 
 
  昨年同様、両A面、全220ページの特別特大号です!
作品は、表紙の隈研吾さんによるV&Aダンディーから始まり、
内藤廣さんの近作2件、山本理顕さんの小学校、三家太一さんと細海拓也さんの集合住宅。
隈さんとは、ヴェンチューリと文楽をからめて、大衆性や社会性をめぐる対話、
内藤さんの一見、一貫しない「作風」についての告白文(!)も掲載。
PLOTも読み切れないヴォリューム、登場建築家同士の特別参加もあります。お楽しみに!


◼特集
[PLOT 設計のプロセス] 
14組の建築家たちから発せられた、ナマな言葉で紡ぐ設計のプロセス

妹島和世「大阪芸術大学アートサイエンス学科棟」
語り手:妹島和世、降矢宣幸

丘をつくり直す|コンタ案から立体的な構成に|単純なワンルーム|スタディの方法

大西麻貴+百田有希「(仮称)斎藤管工業新社屋」
語り手:大西麻貴、百田有希、伊郷光太郎、長柄芳紀、平岩良之、富岡康平

無柱空間を可能にする構造の考え方|立面のスタディと三角錐の屋根の登場|場所ごとの魅力的な開口部をつくる|シンプルな考え方で多様な場所を見出す|この場所ならではの働き方とは?

隈研吾「広沢新美術館」
語り手:隈研吾、服部一晃

スタンダードに対するカウンター|石の空積み|直角にない秩序|大地とオブジェクトの関係|下端を薄くした垂木

古谷誠章「平川市新庁舎」
語り手:古谷誠章、杉下浩平

小布施から雲南、そして平川へ|三角形平面のメリット|掘削士や免震点の削減|モダニズムやポストモダニズムを越えて|歪んだ「がらんどう」

武井誠+鍋島千恵「麻布十番プロジェクト」
語り手:武井誠、鍋島千恵

飲食専用のテナントビル|天井の見え方|床の積層を感じさせない工夫|「空間の形」自体の価値

松岡聡+田村祐希「ハウス・オン・サイツ」
語り手:松岡聡、田村祐希、藤野高志(特別参加)

大きな環境とまちなみを調停する|敷地が倍増?!|二つの家か、一つの家か|円環状の時間|スタディの方法がコンセプトを変えていく

藤本壮介「(仮称)石巻市複合文化施設」
語り手:藤本壮介、本間新太郎、岩田正輝、手島伸幸

実施の人員を投入!|プログラムを外観として表すか|姿の意味|スタディの精度と速度|インテリア・デザイン|自作自演と新たなチャレンジ

山本理顕「東京ウエルズテクニカルセンター」
語り手:山本理顕、寺岡純

山本建築を移築?!|吹抜けからテラスへ|何を引き継ぎ、何を変えるか|先端的な研究所イメージ|生産性とモダニズム

前田圭介「つくしのもり」
語り手:前田圭介

小さなまちのようなこども園|新たな「森」を考える|柱梁の可能性の再考|シンボルと領域性

平田晃久「八代民族伝統芸能伝承館(仮称)」
語り手:平田晃久、外木裕子、松田彩加、市古慧

生きている道 生きている伝統|木屋根に覆われた半屋外の道|ポルトガル宣教師の煩悶|新しい混成形|ワークショップの違い|木屋根のスタディ

西澤立衛「済寧美術館」
語り手:西澤立衛、藤澤賢一

巨大な公園の東屋?|大屋根はスタンダートにつくる|モックアップで確かめる|格好良いレンガ壁|建築文化の厚みがつくるもの

高野洋平+森田祥子「松原市新図書館」
語り手:MARU。architecture+鴻池組

水の中に建築を建てる|土木的なイメージとは|水の扱い|風による内部の構成|コンセプトを強化する

藤野高志 「太田住宅公園管理棟」
語り手:藤野高志+松岡聡、田村祐希(特別参加) 

16案をプレゼン|鳥と天使|木から設計する|木と呼応する即物性|あるものをとことん使う

伊東豊雄「水戸市新市民会館」
語り手:伊東豊雄、東建男、水沼靖昭、樽谷敦、福田陽之輔、高垣麻衣花、城代晃成

西欧的歴史観と資本主義的価値観の狭間|軸線を合わせた真っ向勝負|情報の力ではなくモノの力|豊国祭礼図屏風|武満徹の音と沈黙|自主規制の弊害

◼作品
V&A Dundee    隈研吾
解説:崖の建築的翻訳と時間が潰せる場所    隈研吾

とらや 赤坂店    内藤廣
解説:とらや赤坂店    内藤廣
文:中抜き設計論    内藤廣
CLIENT VIEW:つくり手の思いとよいものを伝えること    黒川光博

福井県年縞博物館    内藤廣
解説:福井県年縞博物館    内藤廣

横浜市立子安小学校    山本理顕
解説:環境テラスの役割    山本理顕

上馬アパートメント    三家大地
インタヴュー:25屬ら100屬泙蚤人佑頁代が暮らす街とは    三家大地

新潟の集合住宅    細海拓也
解説:内部→外部の設計、外部→内部の操作    細海拓也


◼連載    
エッセイ    地球の景色 23 藤本壮介
立衛散考    西沢立衛





220 pages
ISBN978-4-87140-954-4 C1352
2018年11月1日発行
¥2,333+税
GA gallery Bookshop/Tokyo Book Center co,.ltd. 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-12-14
HOME | 会社紹介 | 利用案内 | 会員登録/修正 | 買い物かご | 注文照会
個人情報保護ポリシー | 特定商取引法表示