ログイン 会員登録
         
    新着    
         
         
    再入荷    
         
         
    年間購読    
         
         
    GAシリーズ    
         
         
    和書    
         
         
    雑誌    
         
         
    カタログ    
         
 
         
    DVD/ポスター    
         
         
    建築家・作家別    
         
         
    ビルディングタイプ別    
         
         
    住宅    
         
         
         
    ランドスケープ/
都市デザイン
   
         
         
    マテリアル/構法    
         
         
         
    色々なデザイン    
         
         
         
    建築学校出版物・
学生作品集
   
         
         
         
    コンペ/
ヴィエンナーレ
   
         
         
    公費・校費での購入に関して    
         
 
最近チェックした商品
 
 
 
 
  メールはこちら
     03-3404-1461
 

2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
 
 
A5 series
GAシリーズ > A5 series > 安藤忠雄 住宅 
     
  前の商品 安藤忠雄 住宅  次の商品
 
 
安藤忠雄 住宅 

拡大 ( Size : 32 kb )
     
商品コード : T021058
価格 : 2,592円 (税込)
数量 :
 
 
 
 
 
 
 
 

150件の住宅設計を考えてきて
自らの「住宅」に対する感覚と、思考の軌跡を率直に語る


処女作『富島邸』から始まり、代名詞でもある『住吉の長屋』。
住宅設計における思考や感覚について率直に語ります。
二川幸夫との対談やクライアントからの手紙、住宅作品リストも収録。



安藤忠雄 住宅


序論 住宅という主題 安藤忠雄


■ 一章 いかに育ち、いかに学んだか
夢と現実の間
なぜ住宅の設計を続けるか?
日本の風土
建築家の「素性」
建築をどのように学んでいったか
本から学ぶ
二人の「師匠」
西澤さんの教え
新しい風を感じる
大阪に育ててもらった
大きいスケールと小さいスケール、それぞれの新しい動き


■ 二章 住まいという小宇宙から考える
生き生きとした戦後小住宅
「都市ゲリラ」の誕生
もう一つの「住吉」
「住吉の長屋」の中庭の意味
コンクリートとの出会い
開口がない壁
原点からの展開
自然に対する幾何学の対比 -小篠邸
「単純」で「複雑」を突き詰める -城戸崎邸
自然環境がつくる生活風景
幾何学がつくる複雑さとズレ -六甲の集合住宅


■ 三章 住宅の豊かさを追い続ける
現代都市の中に茶室をつくる -大淀の茶室
階段の大切さ
住宅にとって「昏さ」とは
空間の比率
ひとつの敷地で考え続けること
4m×4mの家のこと
海外での仕事 -マンハッタンのペントハウス
拡大するスケール、自立する幾何学
極小に挑み続ける/住宅の無限の可能性

二川幸夫との対談


■クライアントからの手紙
『松村邸』
『住吉の長屋』
『松谷邸』
『小篠邸』
『TSビル』
『城戸崎邸』
『4m×4mの家』
『高槻の住宅』
『滋賀の住宅』
『靭公園の住宅』
『逸見邸』
『佐渡邸』
『見えない家』
『スリランカの住宅』
『モンテレイの住宅』
『マリブの住宅?』
『北ヨーロッパの住宅』

■完全住宅作品リスト    


Japanese text only
280 total pages
Size: 210×148mm
ISBN4-87140-672-7 C1052
2011年3月22日発行予定
¥2,520(税込)



GA 71:安藤忠雄『住吉の長屋』をご注文される方は、メールにてお知らせください。
info@ga-tbc.co.jp