現在表示できません

ポルトガルの建築家アルヴァロ・シザ/伊藤廉

3,960(税込)

  • ポルトガルの建築家アルヴァロ・シザ/伊藤廉

世界的巨匠の素顔、土地に根差す作品の魅力

モダニズムを超えた静謐な空間で世界的評価を得てきた建築家。そのキャリアは母国の民主化の歴史と共に進化し、風土とも密接に繋がってきた。ノートや図面、紙ナプキンにまで絶えず描き続けるスケッチ、寡黙ながら時に発せられる辛らつな言葉、建築への純粋な愛情。知られざる素顔と作品の魅力を弟子である著者があぶりだす。

[目次]
プロローグ
アルヴァロ・シザ プロジェクトマップ

1 脚本家としてのタヴォラ、役者としてのシザ
──カーサ・デ・シャ・ダ・ボア・ノヴァ(1958-63)

2 プライア(砂浜)
──レサのスイミングプール(1961-66)

3 革命と建築
──エヴォラのキンタ・ダ・マラゲイラ住宅計画(1977-)

4 コピーは犯罪か?
──ボウサの集合住宅(1973-77、1999-2006)

5 宗教と建築
──マルコ・デ・カナヴェーゼスのサンタ・マリア教会と教区センター(1990-96)

6 アドルフ・ロース
──アヴェリーノ・ドゥアルテ邸(1980-84)

7 ミース・ファン・デル・ローエ賞
──ボルジェス&イルマォン銀行(1978-86)

8 変形
──ポルト大学建築学部(1983-)

9 18世紀都市計画の再解釈
──リスボン・シアード地区再開発(1988)

10 巡礼地サンティアゴ・デ・コンポステーラ(前編)
──ガリシア現代美術センター(1988-93)

11 巡礼地サンティアゴ・デ・コンポステーラ(後編)
──サンティアゴ大学情報科学学部(1993)

12 コルクと建築
──セトゥーバル教育大学(1986-94)

13 ドウロ川
──アルヴァロ・シザ事務所(1993-97)

アルヴァロ・シザ、インタビュー
14 塩田とオヴォシュ・モレシュ
──アヴェイロ大学図書館と給水塔(1988-95)

15 大航海時代
──EXPO’98リスボン万国博覧会ポルトガル館(1997-98)

16 参照
──セラルヴェシュ現代美術館(1991-99)

17 ロンドン
──サーペンタイン・ギャラリー・パビリオン(2005)

18 ビルバオ
──ビルバオ大学オーディトリアム(2010)

19 デザインプロセス
──オビドス・キンタ・ド・ボンソセッソのリゾート住宅(2004-)

20 ポルトガル文学
──カミリアン・スタディセンター(2005)

21 ワインと建築
──キンタ・ド・ポルタルとアデガ・マイオールの醸造所(2010、2007)

22 寡黙なハイテク建築
──ヴィアナ・ド・カステロ図書館(2004-08)

23 バルセロナ
──コルネリャ・デ・リュブラガートのスポーツコンプレックス(2005)

24 広場と公園
──アリアードスの広場(2006)

25 メニーノ(少年)・シザ
──イベレ・カマルゴ美術館(2008)

26 スパ
──ヴィダゴとペドラス・サルガーダスのスパ(2010、2009)

27 生涯最高の建築
──アルハンブラ宮殿チケットセンター・コンペ案(2011)

エピローグ
ポルトガル年表及びアルヴァロ・シザ年表
あとがき
図版出典

日本語
416頁
210x149mm
2020.9

数量

システム商品コード
000000005563
独自商品コード
234207
送料について
ご注文総額15,000円(税込)以上の場合送料無料(但し沖縄、離島は除く)

この商品について問い合わせる

Related items

Recently viewed items