現在表示できません

国立代々木競技場と丹下健三

1,760(税込)

  • 国立代々木競技場と丹下健三

世界遺産登録を目指す国立代々木競技場。丹下健三はどのようにしてこの偉大な建築物を作ったのか。施設はどのように使われ、また管理されてきたか。代々木競技場を評価するうえで欠かすことのできない5つの視点を提示し、縦横に論じる。代々木という場所を通して、20世紀後半の日本の歩みが見えてくる一冊。建築的知性をアーカイブするTOTO建築叢書シリーズ、第12弾。

[目次]

はじめに

第1章 朝日新聞紙面から読み解く代々木競技場
1 -1 スポーツの殿堂
1 -2 エンタメの檜舞台
1 -3 国家の催事と五輪のレガシー
1 -4 小 結

第2章 丹下健三による建築作品の5つの特徴
2 -1 近代と伝統 :丹下が目指した建築の解体
2 -2 戦争と平和:慰霊の広場建設
2 -3 戦後民主主義と庁舎建築
2 -4 大空間への挑戦
2 -5 高度経済成長と情報化社会
2 -6小 結

第3章 都市デザインから読み解く代々木競技場
3 -1 戦前の代々木
3 -2 戦後の代々木
3 -3 小 結

第4章 建築デザインから読み解く代々木競技場
4 -1 代々木競技場の設計プロセス
4 -2 代々木競技場の建設プロセス
4 -3 小 結

第5章 運営方針と保全改修から読み解く代々木競技場
5 -1 1964–1973年:3つの運営方針と地盤沈下
5 -2 1973–1978年:オイルショックと改修工事の要望書
5 -3 1978–1992年:「増税なき財政再建」と国際スポーツフェアの開催
5 -4 1992–2001年:稼働率の上昇とそれに即した増改築
5 -5 2001年以降:独立行政法人化とアスベスト除去工事
5 -6 代々木競技場の施設更新・改修工事の履歴
5 -7 小 結

第6章 まとめ 


日本語
264頁
128x188mm
2021.3

数量

システム商品コード
000000005761
独自商品コード
234235
送料について
ご注文総額15,000円(税込)以上の場合送料無料(但し沖縄、離島宛、ポスター等一部商品は除く)

この商品について問い合わせる

Recently viewed items