現在表示できません

環境シミュレーション建築デザイン実践ガイドブック 自然とつながる建築をめざして

3,850(税込)

  • 環境シミュレーション建築デザイン実践ガイドブック 自然とつながる建築をめざして

コンピュータの急速な発展により、建築設計の現場でも扱いやすくなった環境シミュレーションを活用するためのガイドブック。
「実践編」では光、風、熱といった環境要素をどのように可視化し、自然とつながる建築をどう実現していくのか、そのデザイン手法を紹介。
「理論編」ではデザインの背景にあるしくみと指標・基準を丁寧に解説。


日本語
128頁
257x184mm
2022.5

数量

[目次]
はじめに
1 環境シミュレーション[ソフトウェア|相関図]
2 環境シミュレーション[ソフトウェア|歴史]
・本書の構成と使い方

[実践編] 自然とつながる建築のデザインプロセス
STEP 0 導入
1 自然とつながる建築

STEP 1 敷地の気候分析
1-1 気候の大まかな傾向を把握する
1-2 温湿度から有効な環境設計手法を把握する
1-3 風を把握する
1-4 空を把握する
1-5 太陽の軌道を把握する
1-A 結論 自然とつながる環境設計手法
1-B 解析 気候

STEP 2 ボリューム形状・配置の検討
2-1 日影と日射量の解析から建ち方をデザインする
2-2 外部風の解析から建ち方をデザインする
2-A 結論|太陽と風を活かす建物形状・配置
2-B 解析|屋外日影・受熱日射量・外部風

STEP 3 窓・間取りの検討
3-1 日影の解析からシェードをデザインする
3-2 照度の解析から窓・間取りをデザインする
3-3 輝度とDGPの解析から窓・間取りをデザインする
3-4 室内の風解析から窓・間取りをデザインする
3-A 結論|太陽と風を活かす窓・間取り
3-B1 解析|日影・室内照度・輝度・DGP
3-B2 解析|室内の風

STEP 4 外皮・設備の検討
4-1 外皮性能の試算から仕様をデザインする
4-2 年間の自然室温解析から統合的評価を行う
4-3 SET*と1次エネの解析から設備をデザインする
4-A 結論|自然とつながる外皮・設備
4-B1 解析|Thermal Autonomy・自然室温
4-B2 解析|SET*
4-B3 解析|1次エネルギー消費量・発電量

STEP 5 実測・フィードバック
5-1 温熱環境と光環境の実測
5-2 エネルギー消費量の実測とヒアリング調査

[理論編] 解析のしくみと評価の指標・基準
理論1 シミュレーションのしくみ
1-1 光解析
1-2 CFD解析
1-3 熱負荷解析

理論2 評価の指標・基準
2-1 光環境
1 昼光導入の評価|指標/2 不快グレアの評価|指標/3 光環境全般の評価|基準
2-2 風環境
1 外部風の評価|指標・基準/2 換気の評価|指標/3 換気の評価| 基準
2-3 温熱環境
1 快適性の評価|指標/2 快適性の評価|基準
2-4 外皮性能
1 評価|指標/2 評価|基準
2-5 エネルギー
1 評価|指標/2 評価|基準

コラム
1 解析に必要な気象データ
2 役立つアプリ・実測機器[敷地調査編]
3 役立つアプリ・実測機器[環境実測編]
4 室内環境評価の全体像
5 世界の気候と環境設計手法

システム商品コード
000000006313
独自商品コード
234379
送料について
ご注文総額15,000円(税込)以上の場合送料無料(但し沖縄、離島宛、ポスター等一部商品は除く)

この商品について問い合わせる

Related items

Recently viewed items